小型発電機のレンタル情報局

キャンプでの使用

最近では電源が配備されているキャンプ場も多くなってきましたが、電源など全くないキャンプ場はたくさんあります。
もちろんキャンプはキャンプ場以外でも行われるので、電源の確保は大変です。
「キャンプで電気を使うのは邪道だ」という意見の方もいますが、女性などはヘアアイロンなどの家電製品が必要な方もいます。
また携帯電話やスマートフォンを充電したいという方もいることでしょう。
そんな時は小型発電機を用意すると、安心して快適にキャンプを楽しめます。

 

発電の際に発生する音にも注意する
キャンプ場で発電機を使用する際は、周囲への配慮も必要です。
せっかく大自然のキャンプ場に来たのに、ほかの方が発電機を使用していて、騒音がうるさかったというケースもあります。
小型発電機が発売されているメーカーや機種によって、駆動音の大きさは違います。
ですので小型発電機をレンタルする際は、駆動音の大きさにも気を配ると失敗が少なくなるでしょう。
万が一、自宅から持ってきた発電機やレンタルした発電機の駆動音が大きく、近くにいる他のキャンプ客に迷惑がかかりそうな場合は、延長コードやコードリールを利用するという手もあります。
少し離れたところに小型発電機を設置し、そこから延長コードやコードリールを利用して、キャンプをしている場所から騒音の発生源を遠ざけるのです。
そうすれば、ほかのキャンプ客にも迷惑がかからず、平和的に電源の使用が可能となりますので、万が一の時は試してみましょう。

 

電源が必要になる時
携帯電話の充電やヘアアイロン、ドライヤーなどへの電源供給などに小型発電機は活躍しますが、キャンプ場で夜寝る時にも役立ちます。
キャンプはおもに夏に行われますが、山や海でキャンプをすると、夜は気温が下がり肌寒くなる場合があります。
せっかく楽しむために来たのに、風邪をひいてしまっては大変です。
そんなときにはホットカーペットが役に立ちます。
女性やお子さんと一緒にキャンプに来ている方は、ホットカーペットが重宝されます。
また、カーペットの大きさにもよりますが、ホットカーペットは大体1000wほどの電力を消費します。
ですので、小型発電機のなかでも発電量が多めのものをレンタルすると安心です。

 

http://オンライン英会話スカイプ.jp/